[動サ五(四)]《「げ(解)す」(サ変)の五段化》1に同じ。「真意を―・しかねる」「なんとも―・しがたい話だ」
[可能]げせる
[動サ変]
  1. 納得する。理解する。

    1. 「書 (ふみ) をよみても―・するあたわず」〈逍遥当世書生気質

  1. 毒物の効力を失わせる。

    1. 「毒を―・す」〈文明本節用集〉

  1. ばらばらにする。ときほぐす。

    1. 「足に刀山 (たうせん) 踏む時は、剣樹ともに―・すとかや」〈謡・歌占

  1. 職をとく。解任する。

    1. 「勅勘を蒙 (かうむ) り神職を―・せられて」〈太平記・一五〉

  1. 下級官庁から上級官庁へ、解 (げ) を提出する。

    1. 「常陸 (ひたち) の国の司、―・す」〈常陸風土記

出典:青空文庫