• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 告げ知らせるための文書。特に江戸時代、幕府や藩主などから一般の人に知らせるための文書。→御触書 (おふれがき) 

  1. 歌舞伎で、浄瑠璃名題や出演者の連名を記したもの。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉