• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[形ク]

  1. 言ってもその効果がない。

    1. 「あやしがりいへど、使ひのなければ―・くて」〈・二七七〉

  1. 言ってみても取り返しがつかない。特に、死ぬことを遠回しにいう。

    1. 「さこそ強がり給へど、若き御心にて、―・くなりぬるを見給ふに、やるかたなくて」〈・夕顔〉

  1. 言うだけの値打ちがない。言うに足りない。

    1. 「あかず口惜しと、―・き法師、童も、涙を落としあへり」〈・若紫〉

  1. 見苦しい。ふがいない。→言い甲斐無し

    1. 「女、親なく頼りなくなるままに、もろともに―・くてあらむやはとて」〈伊勢・二三〉