• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動タ下一][文]いひす・つ[タ下二]
  1. 言いたいことをその場限りに言う。言いっぱなしにする。「苦情を―・ててその店を出る」

  1. ふと口にする。無造作に言う。

    1. 「昔の人は、ただいかに―・てたることくさも、皆いみじく聞こゆるにや」〈徒然・一四〉

  1. 連歌・俳諧で、その場限りで句を詠み捨てて、記録しないでおく。

    1. 「―・てられし句どもをあつめ」〈貝おほひ・序〉