• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形ク] 《「こといたし」の音変化》
  1. 人の口がうるさい。煩わしい。

    1. 「人言 (ひとごと) はまこと―・くなりぬともそこに障らむ我にあらなくに」〈・二八八六〉

  1. ことごとしい。おおげさだ。

    1. 「殿上人、四位、五位―・くうち連れ、御供にさぶらひて並みゐたり」〈・二七八〉

  1. たくさんである。量が多い。程度がはなはだしい。

    1. 「髪うるはしくもとはいと―・くて」〈紫式部日記

[補説]奈良時代では多く人のうわさについていう場合が多いが、平安時代になると、霜の置くさま、毛髪の多いさまなどにいう。