1. 人が声に出して言ったり文字に書いて表したりする、意味のある表現。言うこと。「友人の―を信じる」

  1. 音声や文字によって人の感情・思想を伝える表現法。言語。「日本の―をローマ字で書く」

  1. 文の構成要素をなす部分。単語。また、語句。「―が豊富だ」「一々の―を吟味して話す」

  1. 言い方。口のきき方。口ぶり。言葉遣い。「荒い―」「―に注意しなさい」

  1. 必ずしも事実でないこと。言葉のあや。

    1. 「塵 (ちり) を結んでと言うたは、―でござる」〈狂言記・箕被〉

  1. (詞)謡い物語り物の中で、節をつけない非旋律的な箇所。

  1. (詞)物語・小説などの中で、会話の部分。

  1. (詞)歌集などで、散文で書かれた部分。

[補説] 
2014年6月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2014」キャンペーンでの「言葉」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆嘘を真実に、真実を嘘に変化させることができる道具。
俺の空Rさん

◆音にすれば思いを伝えられ、視界に入れれば考えが生まれ、飲み込めば大人になるもの。
kei_koさん

◆一度発すると責任がつきまとうもの。発した言葉には責任を持つこと。良くも悪くも相手の心に残るもの。
yaaaaさん

◆感情または思考を形に表す手段。
タカノリさん

◆いつも想いより後から出てくるもの。
なつこさん

◆口から発するもの。文字として綴るもの。心に刻むもの。
月のしずくさん

◆読み、書き、話すことで世界中の人とコミュニケーションがとれる人間の進化の過程で得たツール。
ペラペラさん

◆見ず知らずの他人の一言で、人生が救われる。たった一行の文字で、考え方が生まれ変わる。
REINAさん

◆ときどきナイフ、ときどき包帯。
あるとママさん

出典:青空文庫

出典:gooニュース