• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 考えあわせること。とりはからうこと。

    1. 「内臣となって内外を―し」〈続紀・元正〉

  1. 物事が重なり合うこと。

    1. 「物色と人情と―すること疎 (おろそ) かなり」〈菅家文草・一〉

  1. さしつかえること。取り込むこと。

    1. 「歳末の―によって暫く差し置かれぬ」〈太平記・四〉

  1. 困ること。困惑すること。

    1. 「足踵気など、散々の―なり」〈実隆公記

  1. 金のやりくりがつかないこと。貧乏。

    1. 「我が―して、食物がなさに渡るを」〈四河入海・二〇〉