[動ラ五(四)]《古くは「いふかる」とも》
  1. 疑わしく思う。怪しく思う。「不審な挙動を―・る」「機械がたてる異音を―・る」

  1. はっきりしないので気がかりである。心もとなく思う。「目標の達成を―・る」

出典:青空文庫