• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 設 (しつら) え」に同じ。「テーブル設いをする」

  1. (「室礼」「補理」とも書く)平安時代、宴・移転・女御入内などの晴れの日に、寝殿の母屋や庇 (ひさし) に調度類を配置して室内の装飾としたこと。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉