• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸後期の国語学書。2巻。林国雄著。天保9年(1838)刊。本居宣長著「詞の玉緒 (たまのお) 」などの補正と、「てにをは」などの研究を収録し、初めて下一段活用を立てた。