読み下した漢詩に節をつけて吟じるもの。安政(1854~1860)ころに江戸の昌平黌 (しょうへいこう) の書生たちが始めたという。→剣舞 (けんぶ) 

出典:青空文庫