• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

過失のうち、行為者が、罪になるような結果の発生を認識しながらも、その発生を避けられるものと信じて行為し、結果を発生させた場合をいう。