• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

error diffusion method》画像データの色の階調を滑らかに表現する手法の一。デジタルカメラ・イメージスキャナー・カラープリンターで減色処理を行う際など、使用できる色の階調が限られている時に用いる。ランダムディザリング。

[補説]R=フロイドとL=スタインバーグにより発案されたことから、フロイドスタインバーグ法ともいう。