• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

説経1が、和讃 (わさん) 平曲謡曲などの影響を受けて音楽化し、語り物となったもの。初めは鉦 (しょう) 簓 (ささら) 、のちには胡弓 (こきゅう) 三味線などを伴奏にした。鎌倉末期に成立、本来の門付け芸から、操り人形と結んで江戸初期には劇場にも進出したが、義太夫節の流行とともに衰微。説経浄瑠璃。→五説経