• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

読書三余の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

読書をするのに好都合な三つの余暇。一年のうちでは冬、一日のうちでは夜、時のうちでは雨降りをいう。中国三国時代、魏の董遇とうぐうが勉学する時間がないと嘆く弟子を諭した語。▽「余」はひま・余暇の意。
出典
『魏志ぎし』王粛伝おうしゅくでん

読書三余の解説 - 学研 四字熟語辞典

書物を読むことに都合のよい三つの余暇。一年のうちの冬(年の余)・一日のうちの夜(日の余)・時のうちの雨降り(時の余)をいう。
注記
中国三国時代、魏の董遇とうぐうが学問をする暇がないと嘆く弟子を諭したことば。「とくしょさんよ」とも読む。
出典
『魏志ぎし』王粛おうしゅく

読書三余の解説 - 小学館 大辞泉

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。