• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

読書百遍の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

難解な文章でも繰り返し読めば、意味が自然と分かってくるということ。▽「百遍」は回数が多いこと。「読書百遍義おのずから見あらわる」、あるいは「読書百遍意自ら通ず」の略。中国三国時代、魏の董遇とうぐうが弟子に何度も読書することの必要性を説いた語。
出典
『魏志ぎし』董遇伝とうぐうでん
句例
読書百遍を常とする
用例
読書百遍という様な言葉が、今日、もう本当に死語と化してしまっているなら、読書という言葉も瀕死の状態にあると言っていいでしょう。<小林秀雄・読書週間>

読書百遍の解説 - 学研 四字熟語辞典

難しい書物でも繰り返し読めば、理解できるようになるということ。
注記
「百遍」は、数が多いこと。「読書百遍意おのずから通つうず」の略。中国三国時代、魏の董遇とうぐうが弟子に何度も読書するよう諭したことば。
表記
「遍」を「編」「篇」「偏」などと書きちがえない。
出典
『魏志ぎし』董遇とうぐう・注

キーワード[読書・書物]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。