1. 本などを読むこと。「家で読み物をする」

  1. 読むために書かれたもの。書物。また、気軽に読めるように書かれたもの。「高校生向けの読み物」「公害問題を読み物にまとめる」

  1. 読むに値するような文章・書物。「これはちょっとした読み物だ」

  1. 講釈師などが口演する演目。

  1. 能で、シテが文書を拍子にのせて読み上げる部分。「木曽」の願文 (がんもん) 、「正尊 (しょうぞん) 」の起請文 (きしょうもん) 、「安宅 (あたか) 」の勧進帳など。

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

出典:青空文庫