• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動マ五(四)]

  1. よく読んで自分のものとする。「史料を―・んで書いた論文」

  1. (ふつう「詠み込む」と書く)詩歌などに物・土地の名などを入れて詠む。詠み入れる。「名所を―・んだ歌」

  1. コンピューターで、補助記憶装置にあるデータを本体のメモリー上に移し入れる。読み出す。「ディスクのデータを―・む」⇔書き込む