• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

談言微中の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

面と向かってはっきりとは言わず、それとなく遠回しに人の急所や弱点などをつく話しぶりのこと。▽「談言」は話す言葉の意。「微中」はひそかに、また、かすかに当てる意で、さりげない話しぶりで要点をつくことをいう。「中」はぴたりと当てる意。
出典
『史記しき』滑稽伝こっけいでん論賛
句例
談言微中の諫言かんげん

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。