• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動マ下一][文]いさ・む[マ下二]
  1. 主に目上の人に対して、その過ちや悪い点を指摘し、改めるように忠告する。諫言 (かんげん) する。「主君の愚行を―・める」

  1. いましめる。禁止する。

    1. 「なべて世のあはればかりをとふからに誓ひしことと神や―・めむ」〈・朝顔〉