• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浮世草子。8巻。井原西鶴作。貞享元年(1684)刊。「好色一代男」の主人公世之介の子世伝が、諸国の遊里の表裏を、くにという女から聞き書きした形で述べたもの。別名「好色二代男」。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉