• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

諸説紛紛の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

いろいろな意見が入り乱れて、まとまりがつかないさま。また、さまざまな憶測が乱れ飛んで、なかなか真相がつかめないさま。▽「紛紛」は入り乱れたさま。「紛紛」は「芬芬」とも書く。
句例
諸説紛々として分からない
用例
だいいち、この寺の建造年代についても諸説紛々、収拾するところを知らない。<梅原猛・隠された十字架>
類語
議論百出ぎろんひゃくしゅつ 甲論乙駁こうろんおつばく 紛紛聚訴ふんぷんしゅうそ
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

諸説紛紛の解説 - 学研 四字辞典熟語

さまざまな意見や説が入り乱れて、一つにまとまらないさま。だれもが自分の主張を譲らずに紛糾するさま。また、定説がないさま。
注記
「紛紛」は、入り乱れて収拾がつかないさま。
表記
「紛紛」は、「芬芬」とも書く。
類語
議論百出ぎろんひゃくしゅつ 甲論乙駁こうろんおつばく

諸説紛紛の解説 - 小学館 大辞泉

[ト・タル][文][形動タリ]いろいろな説やうわさが入り乱れて、真相が明らかでないさま。「諸説紛紛として原因がつかめない」

[言動を表す/話す/議論・相談]カテゴリの四字熟語

キーワード[議論]の四字熟語

キーワード[発言]の四字熟語