1. (カウ‐) 宮中の歌会、歌合 (うたあわせ) 、漢詩の会などで、詩歌を詠み上げる役。

  1. (コウ‐)

    1. ㋐平安時代、諸国の国分寺に置かれた上座の僧官。僧尼をつかさどり、経論を講説した。

    2. 維摩会 (ゆいまえ) などの勅会において講経の任に当たる僧。

    3. ㋒法会のときなどに、高座に上がって経文を講義する僧。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫