• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

集中豪雨や台風などで水害や土砂災害のおそれがあるときに、危険度を5段階で示すもの。レベルごとに、気象庁や市町村から発表される防災情報と住民が取るべき行動が示されている。→噴火警戒レベル


[補説]警戒レベルと防災情報、住民が取るべき行動
警戒レベル防災情報住民が取るべき行動
警戒レベル1気象庁が早期注意情報を発表最新の防災気象情報に注意し、災害への心構えを高める。
警戒レベル2気象庁が大雨注意報や洪水注意報を発表ハザードマップなどで避難行動を確認する。
警戒レベル3市町村が避難準備・高齢者等避難開始情報を発令避難に時間を要する高齢者や障害のある人は支援者と安全な場所へ避難。他の人は避難の準備をする。
警戒レベル4市町村が避難勧告避難指示(緊急)を発令対象地域の全員が速やかに避難する。指定緊急避難場所まで行けない場合は、近くの安全な場所に避難するか、屋内のより安全な場所に移動する。
警戒レベル5市町村が災害発生情報を発令すでに災害が発生しているので、命を守る最善の行動をとる。