[名](スル)
  1. しかり責めること。不正や過失などを厳しくとがめること。「不注意によるミスを―する」

  1. 懲戒処分のうち最も軽いもの。職務上の義務違反について警告し、将来を戒めること。現在、法令上では戒告という。「―処分」

[社会/法律]カテゴリの言葉

出典:青空文庫