• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 護摩修法のとき、火炉に投じて燃やす木。乾燥した木を段々に切った壇木 (だんもく) と、生木である乳木 (にゅうもく) の2種がある。

  1. 《護摩で燃やすところから》ヌルデの別名。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉