• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《魏の曹植 (そうしょく) が兄の曹丕 (そうひ) (文帝)から、七歩あゆむ間に詩を作らねば罰すると言われ、「まめがらは釜の下にあって燃え、豆は釜中 (ふちゅう) にあって泣く、本これ同根より生ず」と歌ったという「世説新語」の故事から》兄弟・仲間どうしが傷つけ合うことのたとえ。