• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天保(1830~1844)のころ、名古屋の陶工大喜豊助 (おおきとよすけ) (号、自然翁豊楽)が始めた楽焼 (らくや) き。外面に漆を塗って蒔絵 (まきえ) を施したもの。豊助焼。とよらくやき。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉