豪放磊落の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

気持ちが大きく快活で、小さなことにこだわらないこと。また、そのさま。▽「豪放」「磊落」ともに度量が大きく快活で、些細ささいなことにこだわらないこと。
句例
豪放磊落な気性
用例
横浜を出てから一週間も経った頃、朝の練習が済むと、B甲板に、全員集合を命ぜられました。役員のひとりで、豪放磊落なG博士が、肩幅の広い身体をゆすりあげ、設けの席につくと、<田中英光・オリンポスの果実>
類語
海闊天空かいかつてんくう 磊磊落落らいらいらくらく
対義語
小心翼翼しょうしんよくよく
活用形
〈―ナ〉

豪放磊落の解説 - 学研 四字辞典熟語

心が広く、小さいことにはこだわらないこと。また、そのさま。
注記
「豪放」も「磊落」も、心が広く、小さいことにこだわらないこと。また、そのさま。
類語
海濶天空かいかつてんくう 磊磊落落らいらいらくらく
対義語
小心翼翼しょうしんよくよく

豪放磊落の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]《「豪放」も「磊落」もほぼ同じ意味》度量が広く大胆で、小事にこだわらないこと。また、そのさま。「豪放磊落な性格」

[言動を表す/決断・強い意志]カテゴリの四字熟語

出典:青空文庫

キーワード[こだわらない]の四字熟語

キーワード[小心/大胆]の四字熟語

キーワード[度量が広い]の四字熟語