半翅 (はんし) 目カイガラムシ上科の昆虫の総称。二齢以降の幼虫は体から蝋 (ろう) 物質などを分泌して貝殻状のものを作り、植物に固着して樹液を吸う。雌の成虫は幼虫の形態があまり変化せず、無翅 (むし) で貝殻状。雄の成虫は2枚の翅 (はね) をもち飛ぶ。ルビーロウムシヤノネカイガラムシなどがあり、多くは害虫であるが、ラックカイガラムシイボタロウムシなど有用のものもある。