• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

貝製の腕輪。二枚貝や巻き貝などの貝殻に穴をあけて作ったもので、呪術 (じゅじゅつ) 的な意味もあったと考えられる。日本では縄文・弥生時代に多く、古墳時代にも用いられた。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉