• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

貞門の俳風。俳諧の本質を俳言 (はいごん) にあるとし、俗語・漢語を用い、縁語掛け詞による、こっけい駄じゃれを求めた。江戸初期に京都を中心に全国的に隆盛。談林風の勃興 (ぼっこう) により古風と称されて衰退した。貞徳風。