• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奈良・平安時代の四度 (しど) の使 (つかい) の一。諸国から毎年献納する調・雑物などの品目や数量を記した調帳を、現物とともに朝廷に運納する使い。調使。調庸使。調進使。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉