• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

貧困層の割合を把握するために使用される指標。必要最低限の生活水準を維持するために必要な収入を示す絶対的貧困ライン、所得または消費の分布で下位一定割合の水準を示す相対的貧困ライン、世界銀行が設定する国際貧困ラインなどがある。→絶対的貧困率相対的貧困率

[補説]日本はOECDの相対的貧困ラインを採用。これは、全世帯の等価可処分所得の中央値の半分で、平成24年(2012)の日本の貧困ラインは122万円(平成25年国民生活基礎調査より)。