• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

貧者一灯の解説 - 学研 四字辞典熟語

貧しい者のわずかばかりの心のこもった寄進は、金持ちの豪勢な寄進にまさるということ。真心のこもった行いの尊いことのたとえ。
注記
「長者ちょうじゃの万灯ばんとうより貧者ひんじゃの一灯いっとう」の略。
表記
「貧」を「貪」と書きちがえない。
故事
古代インド、マガダ国の阿闍世王あじゃせおうがあるとき、屋敷から帰宅する釈迦のために、その通り道に一万もの灯明を灯した。それを見た貧しい老婆もやっとのことでお金を工面してたった一つの灯明を灯した。すると王の灯明は消えたり、油が尽きたりして、ことごとく消えたが、老婆の灯明だけは朝まで消えなかったという。
出典
『阿闍世王受決経あじゃせおうじゅけつきょう

キーワード[真心]の四字熟語