• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

溶存酸素の量がきわめて少ない水域。多く、遠浅の内湾の底層で、夏に発生する。富栄養化によりプランクトンが大量発生し、その死骸を分解するバクテリアが水底で酸素を大量に消費することで起こる。発生すると魚介類や底生生物の大量死につながり、漁業にも深刻な影響を与える。→青潮