[名・形動]まずしいこと。また、そのさま。貧乏。「貧に耐える」
  • 「その内容に於ては反って之よりも―なる者である」〈西田・善の研究〉