• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

貴種流離の解説 - 学研 四字辞典熟語

説話の類型の一つ。尊い身分の人が故郷から遠く離れた他郷をさすらい、さまざまな苦難や試練を体験した上で帰国すること。
注記
「貴種」は、尊い家柄に生まれた人。「流離」は、故郷から遠く離れた他郷をさすらうこと。このような内容の物語を「貴種流離譚たん」という。かぐや姫伝説や源氏物語の光源氏の須磨流謫るたく、源義経よしつねの伝説など。国文学博士、折口信夫おりくちしのぶの命名。