• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 江戸時代、武家で中間 (ちゅうげん) に貸与して着せた家紋付きの法被 (はっぴ) などの衣服。

  1. 取引所で免許をもつ仲買人がその権利を貸すこと。