• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

賃金構造基本統計を作成するために、厚生労働省が毎年行う基幹統計調査。全国から無作為に抽出した主要産業の事業所とその雇用労働者を対象に、雇用形態別労働者数・就業形態・勤続年数・労働時間数・給与額等を調査する。昭和23年(1948)に始まった個人別賃金調査を前身とし、昭和39年(1964)から現名称。賃金センサス。