• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奈良・平安時代の下級官人。親王や上級貴族に与えられ、主人の警固や雑務に従事した。五位以上の諸王・諸臣の位階に応じて与えられる位分資人、中納言以上の官職に応じて与えられる職分 (しきぶん) 資人親王内親王に与えられる帳内などがあった。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉