[動ワ五(ハ四)]《上位から下位に物や恩恵を与える意から、その動作主を敬う語となる。現代では文語的な文章か、特別の堅い言い方でないと尊敬語としては用いない》
  1. 与える」「くれる」の尊敬語。お与えになる。くださる。「おほめのお言葉を―・う」

  1. 人をおよこしになる。

    1. 「このありつる人―・へ」〈伊勢・六二〉

  1. 自己側の動作に用い、尊大な語気を表す。目下の者に与える。くれてやる。

    1. 「そこらの年頃、そこらの金 (こがね) ―・ひて」〈竹取

  1. 特に命令形は、上にくるはずの動詞を略して、命令・勧誘の意を表す。なさい。

    1. 「いざ、―・へよ(=イラッシャイヨ)」〈・若紫〉

    2. 「あなかま、―・へ(=オダマリナサイ)」〈・若菜上〉
  1. (補助動詞)動詞・助動詞の連用形に付く。

    1. ㋐その動作主が恩恵を与えてくださる意を表す。…てくださる。「神が恩恵を垂れ―・う」

    2. ㋑その動作主を尊敬する意を表す。お…になる。お…なさる。

      「すぐれて時めき―・ふありけり」〈・桐壺〉

    3. ㋒尊敬の助動詞「す」「さす」に付いて「せ(させ)たまふ」の形で、程度の強い尊敬の意を表す。

      「たふとく問はせ―・ふ」〈竹取

    4. ㋓同輩以下の者に対し、親しみをこめたりやわらかに命令したりするのに用いる。「そんなにくよくよし―・うな」「早く行き―・え」

[動ハ下二]
  1. 「もらう」の意の謙譲語。多く、飲食物の場合に用いる。いただく。頂戴する。

    1. 「魂は朝夕 (あしたゆふへ) に―・ふれど我 (あ) が胸痛し恋の繁きに」〈・三七六七〉

  1. (補助動詞)

    1. ㋐主として動詞「聞く」「見る」に付いて、その動作を、恩恵を与えてくれる人(尊者)から受ける、いただくの意を表す。(尊者に)…させていただく。

      「是の如きことを我 (われ) 聞き―・へき」〈金光明最勝王経古点〉

    2. ㋑(かしこまりあらたまった会話・消息で用いる。平安中期以降の用法)自己または自己側の動作として用いる動詞(主として「思う」「見る」「聞く」)に付いて、聞き手に対してその動作をへりくだる意を表す。…させていただきます。…します。

      「かかる御事を見―・ふる(=拝見スル)につけて、命長きは心憂く思う―・へらるる(=存ゼラレマスル)世の末にも侍るかな」〈・須磨〉

出典:青空文庫