• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「たまう」あるいは「たぶ」の音変化で、主として平安時代に用いた》

[動バ四]
  1. 「与える」「授ける」の意の尊敬語。上の人から下の人へ与える。お与えになる。くださる。「たまう」よりも与える相手を低める気持ちが強い。

    1. 「それは隆円に―・べ」〈能因本枕・九七〉

  1. 尊者に対する会話などで自己側の動作に用い、第三者にくれてやりますの意を表す。

    1. 「越の国へまかりける人に酒―・びけるついでに」〈後撰・離別・詞書〉

  1. 動詞の連用形に付いて、その動作の主を尊敬する意を表す。…なさる。「たまう」よりも敬意は低い。

    1. 「御館より出で―・びし日より」〈土佐

[動バ下二]
  1. 「食う」「飲む」の意の謙譲語。飲食物を上位者からいただく。たべる。

    1. 「大御酒 (おほみき) など―・べて」〈古今・離別・詞書〉

  1. 話し相手に対し、自己の飲食する意を、へりくだりあるいは丁寧にいう。たべる。

    1. 「この酒をひとり―・べんがさうざうしければ」〈徒然・二一五〉