• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歌舞伎舞踊。

一中節。本名題「峰雲 (おのえのくも) 賤機帯」。壕越二三治作詩、宮崎忠五郎作曲。宝暦元年(1751)江戸森田座で初演。謡曲の「隅田川」「班女 (はんじょ) 」「桜川」に取材したもの。
長唄。本名題「八重霞賤機帯」。歌詞・曲ともにを借りて、10世杵屋六左衛門が作曲。文政11年(1828)山王祭の踊り屋台で発表。