• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、債務履行の担保として人身を債権者のもとに質入れしたこと。奉公人は一定期間住み込みで働き、債務(身代金)返済をもって解放された。質物奉公。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉