• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「あかぼん」とも》

  1. 草双紙の一。江戸中期、延宝から享保にかけて流行した子供向けの絵本。表紙が赤いところからよばれる。お伽話物が多い。→青本黒本

  1. 明治時代の少年向きの講談本。口絵・表紙が赤を主とした極彩色のものが多かった。

  1. 内容が低級で粗雑な本。

  1. 大学受験用問題集の一種。教学社が発行。大学別、またはさらに学部別に過去の入学試験問題が収録され、表紙が朱色であることからこう呼ばれる。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[社会/社会関係の言葉]カテゴリの言葉