ナミヘビ科の爬虫 (はちゅう) 類。水田付近に多く、全長1~1.5メートル、緑褐色に不規則な黒斑があり、胴の側面に紅斑が散在する。カエルなどを捕食。上顎と頸部 (けいぶ) 背面に毒腺があり、かみついたり背を圧されたりすると毒液を出す。本州・四国・九州や朝鮮半島などに分布。 夏》

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[夏/動物]の季語

出典:青空文庫