• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

赤道座標における経度。天体と天の南北両極を通る大円が、春分点と天の両極を通る大円となす角度。春分点から東回りに測り、ふつう360度を24時(15度を1時間)の割合で換算して時・分・秒で表す。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉