• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 皮がむけて赤くなった肌。

  1. 山の、草木がない赤い地肌。「赤肌の山」

  1. まるはだか。すっぱだか。

    1. 「その古傷を再び―にする、これは考えてもたまらない事だ」〈志賀暗夜行路