• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

超巨星のうち、表面温度が低く赤く見える恒星。または赤色巨星の中で半径が太陽の数百倍、光度が太陽の数万倍以上のもの。不安定で脈動変光星になっているものが多い。進化の最終段階にあり、超新星爆発を起こして中性子星またはブラックホールになると考えられている。オリオン座のベテルギウス、蠍 (さそり) 座のアンタレスが知られる。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉